Print Shortlink

デメリットの解消方法は市場価値の向上

システムエンジニアのデメリットは個人の評価を受けにくいという部分にあるでしょう。企業に勤めているシステムエンジニアの場合は開発チームを結成して、チームの一員として働くケースが多くなります。そのため仕事の評価もチーム全体の評価になるでしょう。チーム全体の評価となることで個人の評価を正確に行われない可能性があります。この問題を解消するにはフリーランスへの転身が良いです。フリーランスであれば自分一人で作業を行うようになるので、全てが自分への評価となります。

もう1つのデメリットを挙げるとすればモチベーション維持が難しいことです。個人としての評価を受けにくいことでモチベーションが維持できずに作業の効率が下がってしまうケースがあります。この問題を解消するには自分の市場価値を高めることを重視するのが良いでしょう。自分の市場価値を高めるための動きとして技術力の向上を行いましょう。IT業界の場合は技術の移り変わりが速い傾向にあります。技術の移り変わりが激しいことで、企業は常に最先端の技術を持っている人材を求めています。常に新しい技術を追い求めておくことで、自分の市場価値が上がりやすくなるでしょう。

この市場価値を高める行動はモチベーションのアップだけではなく、転職にも役立ちます。自分が転職したいと考えたときに自分のシステムエンジニアとしての市場価値が高いレベルにあれば、転職がスムーズに行えます。市場価値が高ければフリーランスとしての活動もできるかもしれません。システムエンジニアの市場価値を知ることで、自身の可能性と仕事の幅が格段に広がるはずです。