Print Shortlink

転職は即戦力として働けるアピールが重要

 システムエンジニアが転職を考える場合には武器となるスキルを身に付けておくことが重要でしょう。新卒で入社するときとは違い、転職の場合には即戦力として働いてくれる人材が求められています。そのため自分の経験を活かして企業に貢献できる人材であることをアピールする必要があります。そのアピールする武器として良いのが技術力です。システムエンジニアを始めとするIT系の企業では技術の移り変わりが激しく、半年や1年の間で新しい技術が生まれることも珍しくありません。IT業界では最先端の技術を持っている人の市場価値は高いと言えます。最先端の技術を持っていることをアピールすれば採用される確率は上がるでしょう。
 
 リーダーシップを発揮できるということをアピールするのも良い方法として挙げられます。システムエンジニアはチームとして仕事をこなしていくケースが多いので、経験が豊富な人はチームリーダーに任命されることもあります。リーダーシップを発揮できるというアピールはチームリーダーに任命されても仕事をこなせるというアピールにも繋がるでしょう。

 チームで仕事を行うという点で言えば協調性のアピールも欠かせません。チームで作業を行うということはチームの方向性に沿っていく必要があります。協調性がなければ仕事の進行を妨げるかもしれないという不安を与えかねません。言い換えれば自分がチームワークを良くする能力を持っていることを伝えることによって採用される可能性が高くなるということです。